多摩リハビリテーション学院

理学療法学科
Physical Therapy


「毎日を繰り返す動作を獲得するスペシャリスト」

理学療法学科

定員(1学年)40名/昼間
修業年限3年
目標資格理学療法士国家試験受験資格
※一般教育訓練給付金制度認定学科

【理学療法とは?】
病気やケガにより、日常生活に支障をきたした方々に対して、起き上がり、立ち上がり、歩行などの基本的な動作能力の回復をはかる、身体的なリハビリテーションです。


理学療法学科の特徴


○学科目標
知識のみならず社会性のある人材の育成

○学年目標
1年生
自発的な行動による幅広い知識の修得ならびに真摯に取り組む態度の育成

2年生
1年生で修得した知識や社会性をもとに考えながら実践出来る力の育成

3年生
対象者に寄り添い、問題解決に惜しみない力を発揮出来る知識(国家試験)・社会性(臨床実習) の育成

○担任制度
各クラスに担任がいるため、勉強面では勿論ですが学生生活の面においても、気軽に相談ができます。また、週に一度ホームルームの時間では、クラスの学生同士で話し合う機会を設けています。

○実習に関して
当学科(学院)は、国の設置基準を超える豊富な実習時間を設けています。しかし、学生の中には実習に対して不安を抱く方が多いのも事実です。その不安を少しでも軽減できるよう、実習前には実技指導を行ったり、実習中は実習先に訪問させてもらい、学生の実習風景を見学しています。また、指導者の先生からも実習の様子を伺い、改善点があれば学生と一緒に解決策を考えたりしています。
在学中の学生から話を聞くと、「先生の顔を見られて安心した」という嬉しい言葉が聞けることも多いです。

○国家試験対策
3年間の集大成でもあり、これから理学療法士として働いていくスタートラインでもある国家試験に対して、教員が分担し全ての分野に対応したセミナーを実施します。国家試験対策で教員が心掛けていることは「理解できるまで一緒にやろう」という気持ちです。その結果、学生自身も「分かるまで勉強する」という熱意を持ち、セミナー以外の時間も教員を訪ねてくるため、個別での対応も行っています。

 
▲ページTOP 





(c)TAMA REHABILITION ACADEMY