入試情報




学費


作業療法学科(昼間3年課程)
理学療法学科(昼間3年課程)


【1年次】


入学時 後期
入学金 450,000

授業料 400,000
400,000
施設設備費 200,000

施設維持費 300,000

小計 1,350,000
400,000

年間合計 1,750,000


【2年次】


前期 後期
入学金

授業料 400,000
400,000
施設設備費 100,000
100,000
施設維持費 150,000
150,000
小計 650,000
650,000

年間合計 1,300,000


【3年次】

前期 後期
入学金

授業料 400,000
400,000
施設設備費 100,000
100,000
施設維持費 150,000
150,000
小計 650,000
650,000

年間合計 1,300,000


【3年間合計】


年間合計
1年次 1,750,000
2年次 1,300,000
3年次 1,300,000
3年間合計 4,350,000

言語聴覚学科(昼間2年課程)
※大卒者(見込み含)対象


【1年次】


前期 後期
入学金 200,000

授業料 300,000
300,000
施設設備費 200,000

施設維持費 300,000

小計 1,000,000
300,000

年間合計 1,300,000


【2年次】


前期 後期
入学金

授業料 300,000
300,000
施設設備費 100,000
100,000
施設維持費 150,000
150,000
小計 550,000
550,000

年間合計 1,100,000


【2年間合計】

年間合計
1年次 1,300,000
2年次 1,100,000
3年間合計 2,400,000

▲ページTOP 

学費サポート



特待生入学試験


●目  的:
学業成績・人物ともに優秀な学生を経済的に支援し、他の学生の模範となる人材を育成すること。

●制度内容:
1年次の前期授業料分を免除します。

●免除額: 
言語聴覚学科300,000円
作業療法学科・理学療法学科400,000円

●対象入学試験:
一般3期、一般4期

●定員:各学科5名

●出願方法:入学願書の指定の欄に〇印を記入してください。


言語聴覚学科【1年次】


前期 後期
入学金 200,000

授業料
全額免除
   0
300,000
施設設備費 200,000

施設維持費 300,000

小計 700,000
300,000

年間合計 1,000,000


作業療法学科・理学療法学科【1年次】


前期 後期
入学金 450,000

授業料
全額免除
   0
400,000
施設設備費 200,000

施設維持費 300,000

小計 950,000
400,000

年間合計 1,350,000



入学時納入金 後納制度


●目的:
入学時納入金の納入を本学院卒業まで猶予することで、資格取得を目指す優秀な学生を応援すること。

●制度内容:
入学時納入金の納入を卒業後まで猶予します。

●対象入学試験:
一般1期、一般2期、一般3期、一般4期、一般5期

●定員:
言語聴覚学科、作業療法学科、理学療法学科 各10名(定員になり次第締め切り)

●申込方法:
本制度の適用を受けたい理由を自由書式にて記入した理由書を出願書類に同封してください。
※検定料、出願資格、出願願書、選抜方法、合否発表、入学手続き等は一般入学試験と同様となります。
入学願書の指定の欄に〇印を記入してください。

●注意事項:早期受験割引との併用はできません。



体験会参加特典 
入学試験検定料・入学金減額制度


●制度内容:
体験会に参加した方を対象に検定料を30,000円から20,000円に減額します。さらに、入学試験に合格し、入学手続きをした方は入学金を10,000円減額します。

●対象入学試験:
全ての入学試験

●申込方法:
体験会で配布される「参加確認書」を出願時に同封してください。同封がない場合、本制度の対象になりません。




早期受験割引 入学金減額制度


●制度内容:
12月までの対象の入学試験に合格した方は、入学金を50,000円減額します。

●対象入学試験:
第1回AO入試~第6回AO入試、一般1期、一般2期(※推薦入試は対象外となります)

●申込方法:
対象の入学試験に出願してください。

●注意事項:
入学時納入金後納制度との併用はできません。




▲ページTOP 


奨学金



奨学金でバックアップします。
28年度は希望者全員が奨学金を受けられました!!

日本学生支援機構の奨学金制度は、卒業生の返還状況により貸与の人数枠が左右されます。タマリハの卒業生は、確実に就職し、安定した収入を得ている方が大半ですので、きちんと返還が行なわれ、それによって人数枠が年々増えています。 タマリハの卒業生が、後輩たちの夢を支える。そんな好サイクルが生まれています。



独立行政法人
日本学生支援機構奨学金
第1種奨学金(無利子貸与)
月額3万円から6万円
第2種奨学金
有利子貸与 ①利率固定型(上限3%)
②利率見直し型(5年毎)(上限3%)
月額3万、5万、8万、10万円、12万円の中から本人が選択
入学時特別増額貸与奨学金
10万円、20万円、30万円、40万円、50万円の中から本人が選択


各県・行政等修学資金
卒業後一定期間、当該県内の医療機関等に勤務すること。その場合、返還を免除する。


「リハビリだったら和風会!」
技術者応援付与奨学金

本学院では、卒業後に医療法人社団和風会への就労を希望する方に対し、奨学金制度を設けています。一定期間当法人に就労することで貸与額の返還を免除します。

入学後、前期終了時に希望者を募り、選抜試験を行い、選抜された者は後期の授業料が免除となります。選抜試験の詳細につきましては入学後のご案内となります。
専門実践教育訓練給付金制度
訓給
img
img

┃専門実践教育訓練給付金制度とは

働く人の主体的で、中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。
一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者だった離職者が、当学院の言語聴覚学科・作業療法学科・理学療法学科(厚生労働大臣の指定を受けた教育訓練講座)を自己負担で受講したときに、教育訓練にかかった経費(入学料や受講料など)の一部について、ハローワークから給付金の支給を受けられるという制度です。
┃給付額

入学者が支払った教育訓練経費(入学金および授業料)のうち、40%を支給(年間上限32万円)。更に、受講修了日(卒業)から1年以内に言語聴覚士国家資格を取得して、被保険者として雇用されたまたは雇用されている場合は、20%を追加支給(合計60%、年間上限48万円)。

詳細はこちら

一般教育訓練給付金制度

【一般教育訓練給付金制度とは】

労働者や離職者が、自ら費用を負担して、厚生労働大臣が指定する教育訓練講座を受講し修了した場合、本人がその教育訓練施設に支払った経費の一部を支給する雇用保険の給付制度です。

【給付を受けることができる方】

雇用保険の一般被保険者又は一般被保険者であった方

※支給要件期間が3年以上(初回は1年以上)ある等の条件を満たしていることが必要です。
※教育訓練の受講修了後に、ハローワークへ支給申請が必要です。


【給付額】

受講生本人が支払った教育訓練経費の20%に相当する額

※10万円を上限とします。4千円を超えない場合は支給されません。

【対象となる講座】

・介護職員初任者研修


ハローワークインターネットサービス

https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_education.html

平成26年10月より教育訓練給付金制度の一部が拡充され、「一般教育訓練給付金制度」と「専門実践教育訓練給付金制度」に分かれます。言語聴覚士・作業療法士・理学療法士の養成講座は、支給額が大幅拡充される「専門実践教育訓練給付金制度」の対象となります。

▲ページTOP 





(c)TAMA REHABILITION ACADEMY